就業先が保健所の場合は?

手術室看護師 → 手術室看護師の就業先:保健所

手術室看護師の就業先:保健所

看護師が活躍できる職場のひとつに保健所があります。保健所と言えば、地域の衛生を保ち、住民の健康を守るために働くところです。どういった単位で設けられるかは地域によって違いますが、政令指定都市、中核都市など一定の単位で設けられています。
手術室看護師の就職先

保健所で働いている人は保健師というイメージがあるかもしれませんが、実は看護師であることも少なくありません。保健所によっては保健師でなければ募集していないということもありますが、看護師も募集しているということも多いです。看護師が保健所で働くにあたって、医療機関との大きな違いを感じることがあります。それは保健所の仕事は「予防」に重点を置いているということです。

医療機関での仕事はその多くが、すでにかかってしまった病気や負ってしまったケガを「治療」することがメインになります。一方で、保健所の仕事は地域の公衆衛生を守ること、つまり病気やケガを「予防」することにあるのです。この点が大きな違いと言えます。

よって仕事内容も、健診、予防接種、保健指導などが多くを占めます。妊婦健診や乳幼児健診を行うこともあるでしょう。高齢者を対象に介護予防教室を行うこともあるかもしれません。時には地域住民の元へ出向いて出張講座を開いたり、電話で相談を受けたりということもあります。

こうした仕事の内容は保健所によって違いますが、病院での業務とは異なると考えたほうがよいでしょう。地域住民と直接触れ合いながら、地域の公衆衛生を守っていくとてもやりがいのある仕事です。

また保健所の職員は公務員となることも多く、安定した仕事と待遇を受けられるのも魅力のひとつです。夜勤なども基本的にはないので、子育てや家庭との両立もしやすいでしょう。採用方法や待遇は保健所や管轄する都道府県、市区町村によって異なるので確認が必要です。公務員の場合は年齢制限があることもあるので、気になる人は早めにチェックしておきましょう。

手術室看護師の就業先:保育園と幼稚園

看護師の就業先として最近人気が高まっているところのひとつに、保育園や幼稚園があります。一昔前まで保育園や幼稚園で働く職員と言えば、保育士や幼稚園の先生ばかりでしたが、最近では看護師など専門の職員を配置することを多くなっています。

看護師の保育園や幼稚園での仕事内容は、医療機関でのそれとは異なります。医療機関での看護師の仕事といえば、ケガや病気を抱えた患者の治療やケアが主でしたが、保育園や幼稚園では保健も担うことになります。たとえば、健康に関するポスター作りや保護者宛てのおたよりの作成、手洗いの指導などです。

インフルエンザが流行する時期ならその少し前に、予防のためのポスターづくり、おたよりの作成、園児たちへの指導などがあります。もちろん病気やケガの応急手当といったことも、看護師が中心となって行います。近年ではアレルギーや持病を抱える子どもも増えており、今後ますます保育園や幼稚園での看護師の需要は高まっていくでしょう。

保育園や幼稚園で働くメリットとしては夜勤がなく、行事などがなければ休日出勤もあまりないことです。毎日子どもに囲まれて働くので、子どもが好きな人にはやりがいのある仕事と言えるでしょう。

また子育ての経験がある人によっては、看護師の経験と合わせて自分の人生における経験が最大限に活かせる場でもあります。そうしたこともあって、保育園や幼稚園で働きたいと考える看護師は多いようで、求人が出るとすぐに応募があるようです。

一方で大変なこともあります。保育園や幼稚園で働く看護師は、一施設に一人ということが多く、自分で判断しなければならないということです。それにはやはり豊富な臨床経験と判断力が必要になってきます。

重大なときには病院や医師に取り次ぎますが、そうした判断も看護師に課される仕事と言えるでしょう。看護師の保育園や幼稚園の求人は、アルバイトやパートの形態で出されることも多いので、興味のある人はまずはそうした形で働いてみるのもいいかもしれません。

手術室看護師の術後訪問について