術後訪問 - 手術室看護師の仕事は手術中だけではありません!

手術室看護師 → 手術室看護師の術後訪問について

手術室看護師の術後訪問について

手術室で働く看護師の仕事のひとつに、手術に入る前の患者さんの緊張を和らげる術前訪問というのがありますが、手術を終えた後の患者さんに対して行う術後訪問というものもあります。

これは手術を行った患者さん全てに行うものではなく、病棟が依頼があったり、手術中に気になる点が見受けられた患者さんに対して行うもので、その問題などが手術後も引き続き見受けられるのかという所を判断するために行われます。

術後訪問は基本的に手術室の看護師が担当します。術前から手術中と付き添った看護師なので、手術後もその患者さんの経過を見るというのは自然な流れです。また、病棟の看護師への情報共有という面もあります。

手術の現場は閉鎖された空間で手術室に入った看護師でないと、その時の患者さんの様子は正確には分かりません。そのため、手術中からその後の患者さんの情報を伝え、今後の看護業務に生かしていくという目的もあるのです。

術後訪問も大切になってくるのは患者さんとのコミュニケーションです。患者さんも手術が終わって安心していますが、看護師がその後も継続してくると逆に不安になってしまいます。

そのため、患者さんに伝えられる範囲で訪問の理由をきちんと伝え、患者さんに余計な不安を与えない事が大切です。看護師が訪問する事で患者さんもリラックスでき、回復に向かって患者さん自身も前向きに頑張ろうと思って貰えるように働きかけていきます。

術前、術中、術後の訪問全てで大切になるのはやはり患者さんを想う気持ちです。仕事だからという意識で患者さんと向き合ってると、それは患者さんにも伝わってしまいます。

手術を受ける事になり体も精神的にもダメージを受けていて、そこから回復しようと頑張っている患者さんに対して、同じ目線で一緒に頑張る気持を持てるかという所がとても大切になってきます。日ごろから患者さんとしっかり向き合う意識を持って、仕事に取り組んでいきましょう。

看護師の転職に必要な情報とは

看護師として転職しようと思った場合は、しっかりと準備をしなければなりません。適当に準備をして適当に転職をしたとしても、理想的な職場に出会うことはできませんよね。まずは、情報を収集することが何よりも大切です。

看護師や転職しやすい職業ではありますが、より良い条件の職場というのは、どうしても競争率が高くなってしまいます。あなたと同じ時期に転職を検討している人が他に居ないとは限りません。好条件の職場で採用してもらうためには、他のライバルに勝たなければならないということです。

転職前に求人に関する様々な情報を集めておきたいところなのですが、看護師の仕事は非常にハードであるため、なかなか情報収集の時間が取れないという人も多いようです。今はインターネットで手軽に求人を探すことができるようになっているので上手に活用してみるといいですね。

昔は、インターネットではなく求人情報誌などを活用して転職先を探す方法が主流でした。しかし、求人情報誌は発行されてすぐに申し込みをしないと枠が埋まってしまうだけでなく、どの求人がまだ有効かというのは分かりにくいというデメリットがあります。

せっかくいろいろな条件を比較して良い職場を見つけることができたとしても、求人が終わっていたとなったら意味がないですよね。その点、看護師が転職をする際に情報を集めやすい方法といえば、転職支援サイトを活用することです。

会員登録の手間は必要となりますが、登録さえ済ませてしまえば無料で充実した支援を受けることができます。しかも、個人で探したとしても見つからないようなレアな情報を見つけることもできるので、より自分に合った職場を見つけやすくなるのが魅力です。

それに、転職支援サイトの中には非公開求人と呼ばれるものがあります。これは一般の求人に比べて条件が良い求人のことなのですが、転職支援サイトを活用しなければ見つけることができなかった魅力的な職場もたくさんあるので、情報収集に役立てましょう。